ニュース

米国男子ザ・ツアー選手権 presented by コカコーラの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ザ・ツアー選手権 presented by コカコーラ
期間:09/13〜09/16 場所:イーストレイクGC(ジョージア州)

「FedExCup」初代総合王者はT.ウッズ!

ジョージア州にあるイーストレイクGCで開催されている、米国男子ツアー第36戦、そして「FedExCup」プレーオフ最終戦「ザ・ツアー選手権 presented by コカコーラ」の最終日。タイガー・ウッズが大差でプレーオフ最終戦を勝利した。

2位以下に3打差をつけて最終日を迎え、誰もが予想していたであろうタイガーの勝利。その勝ち方は、「FedExCup」初代王者に相応しい見事なものであった。序盤の2番でボギーを叩いた後は、16番までに6つのバーディを奪い、後続との差をグングンと広げていく。後続が伸び悩む中で、この日のベストスコアタイとなる「66」をマーク。自身のベストスコアを更新する「257」の通算23アンダー、2位以下に8打差をつける圧勝劇で、「FedExCup」初代総合王者の称号に花を添えた。

4位でスタートしたザック・ジョンソンは6番から3連続バーディをマークしスコアを伸ばしたが、その後は1バーディ、2ボギーと失速。最終的に通算15アンダー、単独2位からスタートしたマーク・カルカベッキアと並び、2位タイで大会を終えた。

この他、単独4位には通算14アンダーでセルヒオ・ガルシア(スペイン)、「FedExCup」ランク2位のスティーブ・ストリッカーは通算6アンダーで17位タイ。同3位のフィル・ミケルソンは通算5アンダーの単独20位で大会を終えた。

翌週からは、ポイント制ではなく賞金ランキングのみで争う「FedExCup」フォールシリーズ(7試合)へと移行。プレーオフ最終戦へと進出した30名は自動的に来季シード権が与えられるが、残りのシード枠(賞金ランク125位以内)を巡る熾烈な争いが演じられる。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ザ・ツアー選手権 presented by コカコーラ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!