ニュース

米国男子ターニングストーン・リゾート選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ターニングストーン・リゾート選手権
期間:10/02〜10/05 場所:アデューンヨテCC(ニューヨーク州)

2日目は日没サスペンデッド! 今田竜二は暫定18位タイ

ニューヨーク州にあるアトゥンヨートゴルフクラブで開催されている米国男子ツアー「ターニングストーン・リゾート選手権」の2日目。ジェフ・オバートンが前日に続き、通算8アンダーとして、暫定単独首位につけている。

単独首位で2日目を迎えたオバートンは、スタートホールこそボギーを叩いたものの、その後は着実にバーディを重ねていく。最終的に3つスコアを伸ばして通算8アンダーでホールアウト。引き続き、首位の座を守っている。現在、賞金ランキング142位のオバートン。まずは来季のシード獲得となる125位以内、そして初勝利を目指し、決勝ラウンドに臨む。

<< 下に続く >>

1ストローク差で首位を追うのは、タグ・ライディングス。前半は2バーディ、2ボギーと、スコアを動かせなかったが、後半は最終ホールも含め4バーディを奪い、通算7アンダー。暫定単独2位に浮上している。このまま上位をキープし、来季のシード権を手繰り寄せたいところだ。

オーストラリアのジェイソン・ダイは、安定感には欠けたが、6番で見事にホールインワンを達成。通算6アンダーとし、暫定単独3位につけている。通算5アンダー、4位タイにはロバート・アレンビー(オーストラリア)ら3人。既に来季のシード権を手にしている今田竜二は、出入りの激しいゴルフながら通算1アンダーでホールアウト。暫定18位タイに浮上し、後半戦に更なる飛躍をかける。なお、この日の未消化ラウンドは、明日の現地時間8時45分から再開される予定となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ターニングストーン・リゾート選手権




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!