ニュース

米国男子ザ・バークレイズの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ザ・バークレイズ
期間:08/21〜08/24 リッジウッドCC(ニュージャージー州)

S.ストリッカー、ベストスコアで単独首位!今田は良いところなく予選落ち

ニューヨーク州にあるウェストチェスターCCで開催されている、米国男子ツアー第33戦「ザ・バークレイズ」の2日目。スティーブ・ストリッカーが通算10アンダーとして、単独首位に立っている。

この日の主役になったのは、8位タイからスタートしたストリッカーだった。立ち上がりの2番でバーディを奪うと、続く3番でイーグルをマーク。その後も着実にスコアを伸ばしたストリッカーは、見事ノーボギーでラウンドし、通算10アンダー。優勝した昨年の再現を目指し、単独首位で決勝ラウンドに進むことになった。

初日持ち前の爆発力で首位に立ったメイハン。しかしこの日は安定感を欠く悪い癖が出て、3バーディ、5ボギーでラウンド。2つスコアを落として通算7アンダー。ストリッカーに首位を譲っただけでなく、逆3ストロークの差をつけられ、単独2位で2日目を終えている。

通算6アンダー、3位タイには、ケニー・ペリーダドリー・ハートアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)の3人が並んでいる。続く通算5アンダー、6位タイには、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、アンソニー・キムら4人。フィル・ミケルソンと、ビジェイ・シン(フィジー)は、浮上のきっかけがつかめず、通算2アンダー、21位タイ。そして、今田竜二は、さらにスコアを落として通算9オーバー。予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ザ・バークレイズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。