ニュース

米国男子ワールドワイドテクノロジー選手権atマヤコバの最新ゴルフニュースをお届け

ラッセル・ヘンリーが6打差首位で最終日へ 3日間ボギーなし

◇米国男子◇ワールドワイドテクノロジー選手権atマヤコバ 3日目(5日)◇エル・カマレオンGC(メキシコ)◇7034yd(パー71)

3打差首位で出たラッセル・ヘンリーが6バーディ「65」でプレーし、通算22アンダーとして後続との差を6打に広げた。3日間ボギーなしを続け、2017年3月以来のツアー4勝目へ王手をかけた。

<< 下に続く >>

通算16アンダー2位にパットン・キザイアウィル・ゴードンシーマス・パワー(アイルランド)が15アンダー4位で続いた。

大会2連覇中のビクトル・ホブラン(ノルウェー)は14位から出て1イーグル5バーディ、2ボギーの「66」で回り、通算13アンダー7位に浮上した。

コリン・モリカワは通算11アンダー16位で最終日を迎える。

関連リンク

2022年 ワールドワイドテクノロジー選手権atマヤコバ



あなたにおすすめ

特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!