ニュース

米国男子ZOZOチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹が地元日本で「ZOZO」初制覇 マスターズ以来の米ツアー7勝目

2021/10/24 15:51


◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ 最終日(24日)◇アコーディア・ゴルフ習志野CC (千葉県)◇7041yd(パー70)

1打差の単独首位から出た松山英樹が2イーグル3バーディ、2ボギーの「65」で回って通算15アンダーとし、2位に5打差をつけて米ツアー7勝目を飾った。日本で開催された2度目(昨年は米国開催)の米ツアーで、初めての日本人優勝者が誕生。松山にとっては4月「マスターズ」以来の優勝となった。

<< 下に続く >>

優勝インタビューで「最後のセカンドを打つまではどうなるか分からなかったので、本当にうれしいと思う。状態は上がっていないが、これだけたくさんの方々が応援してくれるおかげでそれ(状態)が勝手に上がってきたという感じ」と喜んだ。

習志野CCで開催された2019年大会では、タイガー・ウッズと優勝争いを繰り広げて3打差の2位。マスターズチャンピオンとして凱旋した今年、見事に頂点をつかみとった。松山にとって日本国内での優勝は、2016年「三井住友VISA太平洋マスターズ」以来5年ぶり。

通算10アンダーで2位となったのはキャメロン・トリンガーリブレンダン・スティールの2人。トミー・フリートウッド(イングランド)とコリン・モリカワは通算5アンダー7位、リッキー・ファウラーは通算3オーバー44位とした。

日本勢上位は、最終日に「66」をマークした金谷拓実が通算5アンダー7位。通算2アンダーの18位に今平周吾岩田寛、通算イーブンパーの28位にアマチュアの中島啓太と、最終日に「63」で回った中西直人が入った。

<日本勢の成績>
優勝/-14/松山英樹
7T/-5/金谷拓実
18T/-2/今平周吾岩田寛
28T/E/中島啓太(アマ)、中西直人
35T/+1/稲森佑貴大槻智春香妻陣一朗
39T/+2/星野陸也永野竜太郎
44T/+3/大岩龍一
52T/+5/久常涼
57T/+7/小平智比嘉一貴杉山知靖
66T/+9/木下稜介片岡尚之
77/+17/今田竜二

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ZOZOチャンピオンシップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!