ニュース

米国男子ツアー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

10アンダースタートのカントレーが首位キープ 松山英樹「77」で30位に後退

◇米国男子プレーオフ最終戦◇ツアー選手権 初日(2日)◇イーストレイクGC(ジョージア州)◇7346yd(パー70)

精鋭30人による2020-21年シーズン最終戦が開幕した。ポイントランキングに応じて最大10打のストローク差をつけて始めるハンディキャップ戦。前週今季3勝目を挙げて1位で乗り込んだパトリック・カントレーが10アンダースタートから4バーディ、1ボギーの「67」でプレー。通算13アンダーとして首位をキープした。

<< 下に続く >>

4打差から出た世界ランキング1位ジョン・ラーム(スペイン)が5つ伸ばし、通算11アンダーで2打差2位に浮上。

後半15番でエースを達成するなど「66」のハリス・イングリッシュブライソン・デシャンボーが8アンダー3位。ジャスティン・トーマスビクトル・ホブラン(ノルウェー)、キャメロン・スミス(オーストラリア)が7アンダー5位で続いた。

昨季年間王者のダスティン・ジョンソンは「68」で回り、ブルックス・ケプカジョーダン・スピースらと同じ5アンダー10位。

ポイントランク22位で1アンダースタートの松山英樹は1バーディ、5ボギー1トリプルボギーの「77」と崩れて6オーバー30位に後退。8年連続出場のエリートフィールドで苦しい滑り出しとなった。

2021年 ツアー選手権 初日 松山英樹 ハイライト
2021年 ツアー選手権 初日 松山英樹 ハイライト
この動画は日本国内のみで視聴が可能です。US
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ツアー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!