ニュース

米国男子バラクーダ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 バラクーダ選手権
期間:08/05〜08/08 場所:タホマウンテンC(カリフォルニア州)

エリック・ファンローエンがツアー初優勝 小平智は47位

◇米国男子◇バラクーダ選手権 最終日(8日)◇タホマウンテンクラブ(カリフォルニア州)◇7425yd(パー71)

シーズン唯一の「ステーブルフォード方式」の4日間大会で、2位から出たエリック・ファンローエン(南アフリカ)が1イーグル6バーディ、1ボギーで16ptを加算してツアー初優勝を挙げた。

<< 下に続く >>

大会4日間でトータル50ptとし、1つのイーグルにつき5pt、バーディは2ptという現行のフォーマットとなった2012年以降の大会最高記録49pt(2014年大会/ジェフ・オギルビー)を更新する形となった。

2位は45ptを積み重ねたアンドリュー・パットナムで、44ポイント3位にスコット・ピアシーとなった。首位から出たアダム・シェンクは12番でダブルボギーを喫するなどこの日は5ポイント加算で43ptの4位。

予選突破を果たした小平智は6バーディ、3ボギー1ダブルボギーで6ptを加算。通算23ptの47位タイで終えた。

(※)ポイント配分
・アルバトロス/8ポイント
・イーグル/5ポイント
・バーディ/2ポイント
・パー/0ポイント
・ボギー/-1ポイント
・ダブルボギー以下/-3ポイント

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 バラクーダ選手権




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!