ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹がプレーオフ惜敗 優勝はアンセル

◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 最終日(8日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7233yd(パー70)

松山英樹がPGAツアーのキャリア4度目となったプレーオフで初めて敗れた。9打差14位から出て7バーディ、ボギーなしの「63」の猛チャージ。同組で回ったサム・バーンズとともに通算16アンダーまで伸ばして後続のプレーを待ち、アブラム・アンセル(メキシコ)を加えた三つどもえのプレーオフに突入した。

<< 下に続く >>

プレーオフ1ホール目の18番ではバーディパットがカップに蹴られ、再度18番で行われた2ホール目をパーとして惜敗。世界選手権シリーズ(WGC)3勝目はならなかった。前週「東京五輪」では銅メダルをかけた7人のプレーオフで敗れており、2週連続で悔しい幕切れとなった。

2ホール目でバーディを奪ったアンセルがツアー初優勝。松山と同じオリンピックからの連戦だった30歳がWGCのビッグタイトルをつかんだ。

2ホール目の第2打をもっとも近くにつけていたバーンズはチャンスを決められず、5月「バルスパー選手権」に続く2勝目はならなかった。

3日間首位を走ってきたハリス・イングリッシュは、サンデーバックナインで2つのダブルボギーをたたくなど終盤の失速で1打差4位。2打差2位スタートのブライソン・デシャンボーも「74」とスコアを落とし、12アンダー8位だった。

木下稜介は4バーディ、3ボギーの「69」で回り、1アンダー43位で初出場のWGCを終えた。

東京五輪」金メダルのザンダー・シャウフェレはイーブンパー46位でフィニッシュした。

WGCFedExStJude Invitational_GDO_FinalRd
WGCFedExStJude Invitational_GDO_FinalRd
この動画は日本国内のみで視聴が可能です。US
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!