ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ソニーオープンinハワイ
期間:01/11〜01/14 場所:ワイアラエCC(ハワイ州)

L.ドナルドとP.ゴイドスが首位! 日本勢では今田竜二が16位タイ

ハワイ州、ワイアラエCCで行なわれている、2007年度の米国男子ツアー開幕第2戦「ソニーオープンinハワイ」の2日目。通算11アンダーで、ルーク・ドナルド(イングランド)とポール・ゴイドスが首位に並んだ。

首位の2人が確実にスコアを伸ばしていった。なかでもゴイドスは、7番から11番にけて5連続バーディを奪うなど計7つものバーディを奪取。しかもノーボギーという抜群の安定感で、一気に浮上している。

<< 下に続く >>

通算9アンダーの単独3位にはチャド・キャンベルがつけ、通算8アンダーの単独4位にチャールズ・ハウエルIIIが続く展開。そんな中で注目なのが弱冠16歳の日系人、タッド・フジカワだ。通算3アンダーまでスコアを伸ばし、25位タイで本戦へ駒を進める活躍を見せた。その一方で、男子ツアーに挑戦し続けるミッシェル・ウィは、スコアを大きく崩し通算14オーバーで予選敗退となった。

日本勢では、今田竜二が2バーディ、2ボギーとスコアこそ伸ばせなかったものの、通算4アンダーの16位タイと、まずまずのポジション。丸山大輔は、3バーディ、5ボギーと出入りの激しいゴルフとなりスコアを2つ落とし、通算2アンダーの36位タイ。これに横尾要宮里優作矢野東の3人が通算1アンダーの49位タイで続いている。ところが丸山茂樹は通算1オーバー、谷原秀人も通算13オーバーで予選落ちを喫した。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!