ニュース

米国男子メルセデスベンツ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2008年 メルセデスベンツ選手権
期間:01/03〜01/06 プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

米国勢の意地!N.ワトニーが2008年の初日単独首位!!

米国PGAツアーの2008年開幕戦「メルセデスベンツ選手権」が、ハワイ州にあるプランテーションコースatカパルアで開幕した。この大会は昨シーズンの優勝者しか出場できない大会。世界ナンバー1のタイガー・ウッズ、ナンバー2のフィル・ミケルソンは出場を見合わせている。初日はカパルア特有の強い風に加え、ラウンド中何度も雨が降るコンディションとなった。

初日首位に立ったのは米国のニック・ワトニー。序盤3番ホールから3連続バーディを奪うと、7番で唯一のボギーを叩いたが、その後も3つのバーディを積み重ね5アンダーでホールアウト。2位に1打差をつけている。ワトニーは昨年4月の「チューリッヒクラシック」でツアー初優勝を果たし今大会の出場資格を掴んだ。

1打差の単独2位は4アンダーのダニエル・チョプラ(スウェーデン)。中盤まで順調にスコアを伸ばしていたチョプラは、14番でロストボールのためボギーを叩くが、16番で取り返し4アンダーとなった。

続く3アンダー3位にはアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)、アーロン・バデリー(オーストラリア)、ジョナサン・バードの3人。さらに1打差の2アンダー6位にはマイク・ウィア(カナダ)、ブラント・スベデカーが続いている。

一方、ディフェンディングチャンピオンのビジェイ・シン(フィジー)は、パッティングが決まらず苦戦。スタートの1番でボギーを叩き、この日は1バーディ、2ボギー。1オーバー16位タイと出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 メルセデスベンツ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。