ニュース

米国男子ボブホープ・クライスラークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ボブホープ・クライスラークラシック
期間:01/16〜01/20 PGAウェスト(パーマープライベート他)(カリフォルニア州)

J.レナードが抜け出す!今田竜二は13位タイに続伸!

カリフォルニア州のクラシッククラブなどで開催されている、2008年度の米国男子ツアー開幕第3戦「ボブホープ・クライスラークラシック」の4日目。ジャスティン・レナードが単独首位に立ち、優勝に大きく近づいた。

徐々に順位を上げてきたレナードが、最終日を前に、一気に首位に立った。クラシッククラブ(コース)をラウンドしたこの日は中盤からペースを上げ、14番ではイーグルをマーク。最終ホールもバーディで締めくくり、通算23アンダー。全てのコースで安定したスコアを出し続けてきたレナードは、息切れせずに走りきれるのか?同じクラシッククラブで開催される最終ラウンドに注目だ。

2日間首位に立ち続けたロバート・ガメスはこの日、1ダブルボギー1ボギーで前半を終える。後半に入り4バーディと巻き返したが時すでに遅く、首位の座を明け渡してしまった。PGAウェスト(パーマーコース)で6連続バーディをマークしたケニー・ペリーら3人とともに、通算19アンダーから逆転優勝を狙う。

16位タイからスタートした今田竜二は、この日も好調を維持。シルバーロック(コース)において、1イーグルを含め、5つスコアを伸ばし、通算15アンダーの13位タイに上昇。4日間の中で唯一、ノーボギーでラウンドしたコースでの最終日、どこまでスコアを伸ばすのか注目したい。また、初日首位に立ちながら2日目以降精彩を欠いていた丸山茂樹は、残念ながらこの日ラウンドする事なく棄権している。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ボブホープ・クライスラークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。