ニュース

米国男子BMW選手権の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹は5年連続で最終戦へ ブラッドリーが6年ぶり優勝

◇米国男子◇BMW選手権 最終日(10日)◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇7237yd(パー70)

悪天候のため前日から順延された最終ラウンドは、6位から出たキーガン・ブラッドリーと首位から出たジャスティン・ローズ(イングランド)が通算20アンダーで並び、プレーオフに突入した。1ホール目をパーとしたブラッドリーがボギーをたたいたローズに競り勝ち、ツアー通算4勝目を挙げた。

ブラッドリーは2012年「WGCブリヂストン招待」以来となる6年ぶりの優勝。フェデックスカップランキングを今大会前の52位から6位に浮上させ、最終戦「ツアー選手権」(ジョージア州イーストレイクGC)の出場権を獲得した。

1打差の通算19アンダー3位にザンダー・シャウフェレビリー・ホーシェルが続いた。ロリー・マキロイ(北アイルランド)が2打差の5位になった。

タイガー・ウッズは通算17アンダーの6位タイになり、5年ぶりに出場するプレーオフシリーズで最終戦まで駒を進めた。

首位と4打差の7位から出た松山英樹は4バーディ、3ボギーの「69」と伸ばしきれず、通算14アンダーの15位。フェデックスランクは27位となり、5年連続で最終戦の出場権を手にした。

ジョーダン・スピースは通算3アンダーの55位に終わり、ランク31位で最終戦に進めなかった。

関連リンク

2018年 BMW選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~