ニュース

米国男子BMW選手権の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹の5年連続最終戦進出はどれくらいすごいのか?

2018/09/11 11:30


◇米国男子◇BMW選手権 最終日(10日)◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇7237yd(パー70)

プレーオフ第3戦を終え、フェデックスカップポイントランキング上位30人が最終戦「ツアー選手権」(9月20日開幕、ジョージア州・イーストレイクGC)に駒を進めた。同ランク27位の松山英樹は米ツアーに本格参戦した2014年から、5年連続で最終戦出場を決めた。

レギュラーシーズンを同ランク76位で終えた松山は、プレーオフ3試合でランクを大きく浮上させた。第2戦「デルテクノロジーズ選手権」の4位タイをはじめ、いずれもトップ20を外さなかった。

世界ランク上位選手でも毎年最終戦に出場し続けることは難しく、ジョーダン・スピース(世界ランク10位)はポイントランク31位に終わり、昨季まで5年続いていた最終戦進出を逃した。2010年から8季連続で最終戦に出場したマット・クーチャーは第2戦で脱落した。

今年、松山のほかに5年連続で最終戦に出場するのは、ランク12位で6年連続となるジェイソン・デイ(オーストラリア)と、ランク15位で5年連続のパトリック・リードの2人だけだ。

なお、ダスティン・ジョンソンは2009年から10年連続で最終戦の出場権を確保している。ただ、14年8月から15年2月までツアーを離脱しており、14年のプレーオフシリーズには出場していない。(ペンシルベニア州デラウェア/林洋平)

<以下、主な海外選手の最終戦進出歴(2014年以降)>
ダスティン・ジョンソン(14・出場せず、15、16、17、18年)
ロリー・マキロイ(15、16、18年)
リッキー・ファウラー(14、15、17、18年)
ジョーダン・スピース(14、15、16、17年)
ジャスティン・ローズ(14、15、17、18年)
ブルックス・ケプカ(15、17、18年)
ジャスティン・トーマス(16、17、18年)
タイガー・ウッズ(18年)

関連リンク

2018年 BMW選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~