ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

ウッズが4打差7位発進 1カ月半ぶり復帰の松山英樹は22位

◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待byマスターカード 初日(15日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)◇7419yd(パー72)

ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が9番からの5連続を含む9バーディを奪い、ボギーをひとつにとどめて「64」をマーク。8アンダーとして単独首位発進を切った。

1打差の2位にアーロン・ワイズら2人。ジミー・ウォーカーリッキー・ファウラーブライソン・デシャンボーが5アンダーで4位タイに並んだ。

腰の故障から復帰し、2013年の「WGCブリヂストン招待」以来の勝利が待たれるタイガー・ウッズは6バーディ、1ダブルボギーの「68」。過去8勝のコースで4アンダーの7位タイと上々のスタートを切った。

松山英樹が左手親指付け根の痛みで途中棄権した2月の「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」以来、1カ月半ぶりにツアーに復帰した。予選ラウンドはウッズと同組となり、初日は1イーグル、3バーディ、3ボギーの「70」をマーク。2アンダー22位タイで初日を終えた。

そのほかの日本勢、池田勇太は1オーバーの69位タイ、小平智は3オーバーの96位タイで2日目を迎える。

【主な選手の成績】
順位/スコア/選手名
1/-8/ヘンリック・ステンソン
2T/-7/アーロン・ワイズテーラー・ゴーチ
4T/-5/ジミー・ウォーカーリッキー・ファウラーブライソン・デシャンボー
7T/-4/タイガー・ウッズパトリック・リードアン・ビョンフン ほか

22T/-2/松山英樹 ほか
69T/+1/池田勇太 ほか
96T/+3/小平智 ほか

関連リンク

2018年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~