ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

47歳ミケルソンが5年ぶり優勝 トーマスをプレーオフで破る

◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 最終日(4日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7330yd(パー71)

フィル・ミケルソンジャスティン・トーマスをプレーオフで破って優勝した。2013年「全英オープン」以来、5年ぶりのツアー通算43勝目。

47歳8カ月16日で世界選手権(WGC)シリーズを制し、2008年「ブリヂストン招待」を45歳5カ月12日で勝利したビジェイ・シン(フィジー)を抜き、WGCの最年長優勝記録を更新した。

首位と2打差の2位から出たミケルソンは7バーディ、2ボギーの「66」で回り、「64」と伸ばしたトーマスと通算16アンダーで並んだ。17番(パー3)で行ったプレーオフ1ホール目にパーとし、パーパットを外したトーマスを退けた。

ラファ・カブレラベロー(スペイン)とティレル・ハットン(イングランド)が通算15アンダーの3位タイ。

世界ランキング1位で前年覇者のダスティン・ジョンソンは通算12アンダー7位タイ、首位で出た21歳のシュバンカー・シャルマ(インド)は「74」と落とし通算10アンダーの9位タイだった。

池田勇太は「69」で回り通算イーブンパーの46位タイ。小平智は通算4オーバー54位、宮里優作は通算9オーバー60位タイで終えた。

関連リンク

2018年 WGCメキシコ選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~