ニュース

米国男子キャリアビルダーチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 キャリアビルダーチャレンジ
期間:01/18〜01/21 PGAウエスト TPCスタジアムコース

A.クックが首位で最終日へ ミケルソンは予選落ち

◇米国男子◇キャリアビルダーチャレンジ 3日目(20日)◇PGAウエスト TPCスタジアムコース 7113yd、PGAウエスト ニクラス・トーナメントコース 7159yd、ラ・キンタCC 7060yd(すべてパー72、カリフォルニア州)

ラ・キンタCCをプレーしたオースティン・クックが1イーグル、7バーディ、1ボギーの「64」とし、10位から通算19アンダーの単独首位に浮上。2017年11月「ザ・RSMクラシック」に続く今季2勝目に前進した。

通算18アンダーの2位に、マーティン・ピラーアンドリュー・ランドリー。通算17アンダーの4位に、スコット・ピアシージョン・ラーム(スペイン)が続いた。

3日間54ホールを終えた通算8アンダーの66位タイまでが、メインコースのTPCスタジアムコースで行われる最終ラウンドに進出。大会アンバサダーを務めるフィル・ミケルソンは通算4アンダーで予選落ちに終わった。

関連リンク

2018年 キャリアビルダーチャレンジ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~