ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

パットン・キザイアが今季2勝目 片岡大育は18位 今平周吾54位

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 最終日(14日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

2位から出たパットン・キザイアが1イーグル1バーディ、1ボギーの「68」でプレーし、通算17アンダーでジェームズ・ハーンに並んでプレーオフに突入。6ホール目(17番、パー3)をパーとし、ボギーを喫したハーンを振り切って、2017年11月「OHLクラシックatマヤコバ」以来となる今季2勝目を挙げた。ツアー通算2勝目。

首位から出たトム・ホジーは後半15番までトップを守っていたが、16番で痛恨のダブルボギーを喫し、通算16アンダーの3位に終わった。15アンダーの4位にウェブ・シンプソンブライアン・スチュアードブライアン・ハーマンが並んだ。前年覇者のジャスティン・トーマスは通算12アンダーの14位。

21位から出た3年連続出場の片岡大育は6バーディ、3ボギーの「67」でプレーし、通算11アンダーの18位でジョーダン・スピースらと並んだ。米ツアー4度目の出場で初めての決勝ラウンドとなった今平周吾は6バーディ、2ボギーの「66」で回り、通算6アンダー54位で終えた。

<上位成績>
順位/スコア/選手名
優勝/-17/パットン・キザイア
2/-17/ジェームズ・ハーン
3/-16/トム・ホジー
4T/-15/ウェブ・シンプソンブライアン・スチュアードブライアン・ハーマン
7T/-14/ゲーリー・ウッドランドオリー・シュナイダージャンズベン・マーティン

関連リンク

2018年 ソニーオープンinハワイ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~