ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ソニーオープンinハワイ
期間:01/11~01/14  場所: ワイアラエCC(ハワイ州)

ミサイル警報でパニックに陥る人も スピース「すごく怖かった」

混乱は生じたが、大会は通常通り開催された(※Stan Badz/PGA TOUR)

米国男子ツアー「ソニーオープン in ハワイ」が行われている米ハワイ州で13日朝、弾道ミサイルが迫っているとして、住民に避難を呼びかける警報が誤って送信された。誤警報だったと通知されるまでに約40分を要し、ビーチでは泣き叫ぶなどパニックに陥る人も現れた。

出場中の選手たちにも混乱は広がり、世界ランク2位のジョーダン・スピースは「色々な人に電話をかけて情報を聞いた。婚約者のアニーにも電話をかけたし、両親にもかけた。弟から誤配信だったというショートメッセージが届いたけど、すごく怖かった」。前年覇者のジャスティン・トーマスは「なぜかわからないけど僕の携帯に知らせがなかった。他の選手がその(警報の)画面の写真を送ってきてくれて『何が起きているんだ?』と焦って聞いた。でも状況が分かっても、僕に出来ることは何もなかった」と首を振った。

日本から出場している今平周吾は「起きていたけど気づかなかった。ただ、朝チームの人たちと話しました。怖いですよね」。地元メディアによると避難を始めた住民もいて、ホノルル空港では搭乗手続きが一時中断される事態に。その後、同州のイゲ知事はテレビを通じて「職員が間違ってボタンを押した」と謝罪した。(ハワイ州ホノルル/林洋平)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~