ニュース

米国男子デルテクノロジーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

トーマスが最多の今季5勝目 松山英樹は最終日に「66」

◇米国男子プレーオフ第2戦◇デルテクノロジーズ選手権 最終日(4日)◇TPCボストン(マサチューセッツ州)◇パー71(7342yd)

首位タイで出たジャスティン・トーマスが1イーグル4バーディ、1ボギーの「66」で回り通算17アンダーで優勝した。前日に「63」を出した勢いを保ち混戦を制した。8月のメジャー「全米プロゴルフ選手権」以来で、今季全選手のうち最多の5勝目になった。

ジョーダン・スピースが3打差の通算14アンダーで2位。序盤4ホールで5ストローク伸ばして一時単独首位に立ったが、後半に「37」(パー35)と落とした。

トーマスと並んで首位タイで出たマーク・レイシュマン(オーストラリア)が13アンダー3位。ジョン・ラーム(スペイン)、ポール・ケーシー(イングランド)は12アンダー4位に続いた。4日間60台をマークしたフィル・ミケルソンが11アンダーで6位に入った。

36位で出た松山英樹は6バーディ、1ボギーの「66」で回って通算5アンダーの23位に順位を上げてフィニッシュした。

フェデックスカップポイントランキングは2週連続2位のスピースがトップに立った。トーマスが2位に浮上。第1戦「ザ・ノーザントラスト」を制したダスティン・ジョンソンが3位に後退。松山は4位、ラームが5位キープして14日(木)開幕のプレーオフ第3戦「BMW選手権」(イリノイ州コンウェイファームズGC)に入る。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 デルテクノロジーズ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。