ニュース

米国男子RBCヘリテージの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 RBCヘリテージ
期間:04/13〜04/16 場所:ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)

「期待していない」ダフナーが今季初勝利へ王手 谷原秀人&池田勇太は後退

◇米国男子◇RBCヘリテージ 3日目(15日)◇ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)◇7099yd(パー71)

7アンダー5位からスタートしたジェイソン・ダフナーが2イーグルを含む「65」をマークし、通算13アンダーとして単独首位に立った。昨年1月の「キャリアビルダーチャレンジ クリントンファウンデーション」以来となる、今シーズン初勝利へ前進した。

<< 下に続く >>

ダフナーは前週の「マスターズ」で初日4位発進を切りながら、33位でフィニッシュ。「とにかく噛み合わなかった」と4日間で17個バーディを奪いながら、通算5オーバーに終わった出入りの激しい展開を悔やんだが「良いプレーができていると思えたし、バーディをたくさん獲れたのは、今後オーガスタで戦う上での自信になった」という。

今大会は過去9回出場で8度の予選通過を果たしているが、最高成績は2011年の14位タイ。「実はあまり期待はしていないんだ。過度な期待は良くないことのひとつ。いかにプレーするかだけを考える」と、ツアー通算5勝目を目前にしても、普段どおりリアクションも控えめだった。

1打差の2位にグラハム・デラエ(カナダ)。さらに1打差、通算11アンダー3位タイにケビン・キスナーとウェブ・シンプソンが並んだ。トップから5打差以内に12人がひしめく混戦で最終日を迎える。

通算5アンダー16位から出た谷原秀人は4バーディ、5ボギーの「72」で通算4アンダー31位に後退。首位とは5打差から9打差に広がった。

63位で決勝ラウンドに進んだ池田勇太も3バーディ、4ボギーの「72」とスコアを一つ落とし、通算イーブンパーで69位に順位を下げた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 RBCヘリテージ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!