ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

マキロイが単独首位に浮上 谷原36位、松山は停滞続く

◇米国男子◇WGCメキシコ選手権 2日目(3日)◇チャプルテペクGC(メキシコ)◇7330yd(パー71)

7位から出たロリー・マキロイ(北アイルランド)が、後半14番(パー4)で残り152ydからイーグルを奪ったほか、6バーディ、2ボギーの「65」をマーク。通算9アンダーの単独首位に浮上し、後続に2打のリードを築いた。

通算7アンダーの2位に、フィル・ミケルソンジャスティン・トーマスロス・フィッシャー(イングランド)の3人。通算6アンダーの5位に、世界ランク1位のダスティン・ジョンソンアンディ・サリバンダニエル・バーガーの3人が続いた。

3人が出場中の日本勢は、61位から出た谷原秀人が6バーディ、2ボギーの「67」と伸ばし、通算イーブンパーの36位に浮上。日本勢最上位で大会を折り返した。

41位スタートの松山英樹は2バーディ、3ボギー、連日の「72」とスコアを落とし、通算2オーバーの46位に後退。池田勇太は「74」と崩れ、通算7オーバーの68位に順位を下げた。

<主な成績>
順位/成績/選手名
1/-9/ロリー・マキロイ
2T/-7/フィル・ミケルソンロス・フィッシャージャスティン・トーマス
5T/-6/ダスティン・ジョンソンアンディ・サリバンダニエル・バーガー

36T/0/谷原秀人 ほか
46T/+2/松山英樹 ほか
68T/+7/池田勇太 ほか

関連リンク

2017年 WGCメキシコ選手権




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~