ニュース

米国男子OHLクラシックatマヤコバの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 OHLクラシックatマヤコバ
期間:11/10〜11/13 エル・カマレオンGC(メキシコ)

パーオン率88.9%のウッドランドが首位堅守 石川は67位へ後退

◇米国男子◇OHLクラシックatマヤコバ 3日目(12日)◇エル・カマレオンGC(メキシコ)◇6987yd(パー71)

首位から出たゲーリー・ウッドランドが「66」でプレーし、通算18アンダーまで伸ばして単独首位をキープした。1打差の通算17アンダーには、この日のベスト「62」で回ったパット・ペレスが急浮上。石川遼は「71」とスコアを伸ばせず、通算2アンダーで順位を67位へと下げた。

3日間で1イーグル19バーディ、1ボギー1ダブルボギー。3日続けてパーオン率88.9%(16/18)で、通算でもフィールド1位。今大会には2009年以来となる2度目の出場となるウッドランドが、安定したゴルフで13年以来のツアー通算3勝目に前進した。大会の最多アンダーパー記録である21アンダーまで、あと3打に迫っている。

リーダーボードの上位には、ムービングデーにビッグスコアをマークした面々が並んだ。ペレスのほか、「64」をマークしたシーマス・パワー(アイルランド)が通算15アンダー4位。「63」のチェズ・リービーは、通算13アンダーとして25位から6位にジャンプアップした。風の穏やかだったこの日、フィールドの平均スコアは「68.181(2.819アンダー)」と、3日間で最もロースコアとなった。

前日、カットライン上で予選を通過した石川は3バーディ、3ボギーでこの波に乗れず、順位を前日から8つ落として67位とした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 OHLクラシックatマヤコバ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。