ニュース

米国男子ライダーカップの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ライダーカップ
期間:09/30〜10/02 場所:ヘーゼルティンナショナルGC(ミネソタ州)

米国選抜がリードを広げる 3ポイント差で最終日へ

◇米国選抜VS欧州選抜◇ライダーカップ 2日目(1日)◇ヘーゼルティンナショナルGC(ミネソタ州)◇7628yd(パー72)

米国選抜5ポイント、欧州選抜3ポイントで迎えた大会2日目は、初日と同じダブルスマッチプレー8試合を実施。米国が4勝3敗1分けとして4.5ポイント(勝ち:1点、引き分け:0.5点、負け:0点)を加算し、通算成績を9.5対6.5としてリードを3ポイント差に開いた。

午前中に行われたフォアサム4試合(1つのボールを交互に打つ)では、初日に全敗した欧州が主導権を握る。先陣を切ったロリー・マキロイトーマス・ピータース組が、フィル・ミケルソンリッキー・ファウラー組に4&2で完勝。マッチ2は落としたものの、マッチ3ではジャスティン・ローズクリス・ウッドのイングランドペアが勝利する。

敗色濃厚だったマッチ4では、セルヒオ・ガルシアラファ・カブレラベロー組がラスト6ホールで4UPを奪い返し、ジョーダン・スピースパトリック・リード組と引き分けに持ち込む。欧州が2勝1敗1分けとして1ポイント差に詰め寄り、午後のフォアボール4試合(それぞれ別のボールを打ち良い方のスコアを採用)に突入した。

マッチ1では、欧州のマキロイ&ピータース組がブルックス・ケプカダスティン・ジョンソン組を3&1で破り、フォアサムに続いて2連勝。この時点で米国と並ぶ通算6.5ポイントとしたが、ここから米国が突き放しにかかかる。

マッチ2ではJ.B.ホームズライアン・ムーア組が、マッチ3ではミケルソン&マット・クーチャー組が終盤までもつれた接戦を制す。マッチ4も、スピース&リード組がローズ&ヘンリック・ステンソン組を2&1で破り、3連勝とするラストスパート。米国が3勝1敗で終えて通算成績を9.5対6.5とし、リードを3ポイントに広げて2日目を終えた。

最終日はシングルスマッチプレー12試合を実施。米国が5ポイントを加算した時点で、2008年以来4大会ぶりの勝利が決まる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ライダーカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!