ニュース

米国男子キャリアビルダーチャレンジ クリントンファウンデーションの最新ゴルフニュースをお届け

岩田寛は1打及ばず予選落ち ダフナーが首位キープ

2016年 キャリアビルダーチャレンジ クリントンファウンデーション 3日目 岩田寛
岩田寛はスコアを伸ばしたが、1打及ばず決勝ラウンド進出を逃した【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 J.ダフナー -23 193
2 J.ラブマーク -21 195
3 A.ハドウィン -20 196
4 D.リングマース -18 198
5 K.ナ -17 199
5 R.パーマー -17 199
5 A.ループ -17 199
5 J.ハー -17 199
5 P.ミケルソン -17 199
10 C.ハウエルIII -15 201

スコア詳細を見る

◇米国男子◇キャリアビルダーチャレンジ クリントンファウンデーション 3日目◇PGAウェスト・スタジアムコースほか(カリフォルニア州)◇PGAウェスト・スタジアムコース(7113yd、パー72)、PGAウェスト・ニクラストーナメントコース(7159yd、パー72)、ラキンタCC(7060yd、パー72)

予選ラウンドを3コースで争う3日目。ラキンタCCでプレーしたジェイソン・ダフナーが5連続を含む10バーディを量産。2ボギーに抑えて「64」をマークし、通算23アンダーで首位をキープした。2013年「全米プロゴルフ選手権」以来のタイトルへ向け、後続に2打差をつけ最終日を迎える。

通算21アンダー2位にジェイミー・ラブマーク、通算20アンダー3位でカナダのアダム・ハドウィンが続いた。

この日最少ストロークタイの「62」でプレーしたデビッド・リングマース(スウェーデン)4位。同じく「62」のケビン・ナフィル・ミケルソンら4選手と通算17アンダーの5位で並んだ。

岩田寛はニクラストーナメントコースで5バーディ、ノーボギーの「67」でプレー。通算8アンダーまでスコアを伸ばしたが、カットラインに1打届かず71位で予選落ちした。


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~