ニュース

米国男子キャリアビルダーチャレンジ クリントンファウンデーションの最新ゴルフニュースをお届け

岩田寛は1打及ばず予選落ち ダフナーが首位キープ

◇米国男子◇キャリアビルダーチャレンジ クリントンファウンデーション 3日目◇PGAウェスト・スタジアムコースほか(カリフォルニア州)◇PGAウェスト・スタジアムコース(7113yd、パー72)、PGAウェスト・ニクラストーナメントコース(7159yd、パー72)、ラキンタCC(7060yd、パー72)

予選ラウンドを3コースで争う3日目。ラキンタCCでプレーしたジェイソン・ダフナーが5連続を含む10バーディを量産。2ボギーに抑えて「64」をマークし、通算23アンダーで首位をキープした。2013年「全米プロゴルフ選手権」以来のタイトルへ向け、後続に2打差をつけ最終日を迎える。

通算21アンダー2位にジェイミー・ラブマーク、通算20アンダー3位でカナダのアダム・ハドウィンが続いた。

この日最少ストロークタイの「62」でプレーしたデビッド・リングマース(スウェーデン)4位。同じく「62」のケビン・ナフィル・ミケルソンら4選手と通算17アンダーの5位で並んだ。

岩田寛はニクラストーナメントコースで5バーディ、ノーボギーの「67」でプレー。通算8アンダーまでスコアを伸ばしたが、カットラインに1打届かず71位で予選落ちした。

関連リンク

2016年 キャリアビルダーチャレンジ クリントンファウンデーション




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~