ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 全英オープン
期間:07/16〜07/19 セントアンドリュース(オールドコース)(スコットランド)

ザック・ジョンソンが8年ぶりメジャー制覇 松山英樹は後半失速で18位

◇海外メジャー◇全英オープン 最終日◇セントアンドリュース オールドコース(スコットランド)◇7297yd(パー72)

27年ぶりに月曜日へと持ち越された最終ラウンドは、スコアの伸ばし合いになった。ともに6つ伸ばしたザック・ジョンソンマーク・レイシュマン(オーストラリア)、3ストローク縮めたルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)が通算15アンダーで並び、4ホールで争われるプレーオフに突入。2ホールでバーディを奪ったジョンソンが競り勝ち、2007年の「マスターズ」以来となるメジャー2勝目を挙げた。

プレーオフでは、1番でジョンソンとウーストハイゼンがバーディとした一方、レイシュマンはボギー。2番でジョンソンだけがバーディとした後、難ホールの17番では全員がボギーを喫した。4ホール目の18番ではジョンソンが先にパーとし、ウーストハイゼンのバーディパットが外れた瞬間に勝負が決した。

メジャー3連勝がかかったジョーダン・スピースは1打及ばず、通算14アンダーで、ジェイソン・デイ(オーストラリア)とともに4位に終わった。

松山英樹は10番までに4バーディを重ね、一時は首位と1打差に迫ったが、その後3つのボギーをたたいて失速。通算8アンダーの18位で終え、メジャー初制覇はかなわなかった。

米オクラホマ州立大のアマチュア、ジョーダン・ニーブルジェジャスティン・ローズダニー・ウィレットのイングランド勢、セルヒオ・ガルシア(スペイン)と並び、通算11アンダーの6位に入った。

関連リンク

2015年 全英オープン




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~