ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/04〜06/07 ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

松山英樹は痛恨池ポチャで5位 リングマースがツアー初優勝

◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 最終日◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7392yd(パー72)

通算15アンダーで首位に並んだジャスティン・ローズ(イングランド)とデビッド・リングマース(スウェーデン)のプレーオフにもつれ込み、10番で行われた3ホール目でローズがパーを逃して決着。2位スタートから進出したプレーオフ3ホールをすべてパーで揃えたリングマースが、逆転で米国ツアー初優勝を飾った。

5打差を追った松山英樹は5バーディ、1ボギー、1ダブルボギー「70」で、通算12アンダーの5位フィニッシュ。後半13番からの3連続バーディで一時は1打差まで詰め寄ったが、16番(パー3)の1打目をグリーン左の池に打ち込んだダブルボギーが痛手となった。「(優勝スコアは)14か15アンダーの状況かなと思って、狙いに行ったミス。悔しいけれどしかたない」。

プレーオフで敗れたローズは、2010年以来となる大会2勝目を惜しくも逃して2位。通算13アンダーの3位に、この日のベストスコア「65」をマークしたジョーダン・スピースと、フランチェスコ・モリナリ(イタリア)。松山と並ぶ5位に、マーク・レイシュマン(オーストラリア)とジム・フューリックが続いた。

過去5勝のタイガー・ウッズは5バーディ、3ボギー、2ダブルボギーと出入りの激しい内容で2つ落とし、通算14オーバーの71位。最下位から抜け出せないまま最終日を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。