ニュース

米国男子シェル ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 シェル ヒューストンオープン
期間:04/03〜04/06 ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(テキサス州)

クーチャーが4打差首位 遼は30位へ浮上

◇米国男子◇シェルヒューストンオープン 3日目◇ゴルフ・クラブ・オブ・ヒューストン(テキサス州)◇7,441ヤード(パー72)

決勝ラウンドに入った「シェルヒューストンオープン」3日目、この日「68」で回ったマット・クーチャーが2位に4打差をつける通算15アンダーとして、自身通算7勝目を視界に捉えた。通算11アンダーの2位には、前日首位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)とキャメロン・トリンゲールの2人。

この日は、ヒューストンに午後から迫り来る雷雨予報を受けて、午前7時半からアウト・インを使った3サムでのペアリングとなった。最終組は午後3時前に濡れることなく無事ホールアウトし、9番と18番で2つのボギーを叩くも、6バーディを奪ったクーチャーが、昨年の「ザ・メモリアル」以来となる優勝に前進した。

1つスコアを落としたガルシアと、3つスコアを伸ばしたトリンゲールが2位に続き、通算9アンダーの4位にはマット・ジョーンズ(オーストラリア)。通算8アンダーの5位タイにはベン・カーティスと共に、この日「68」で回ったリッキー・ファウラーが浮上している。

前日、55位タイで予選を通過した石川遼は、4バーディ1ボギー1ダブルボギーの「71」。1つスコアを伸ばして通算2アンダーとし、30位タイまで順位を上げている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 シェル ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。