ニュース

米国男子インベンシスクラシック at ラスベガスの最新ゴルフニュースをお届け

エステス30アンダーで今期V2。横尾は伸ばして来期シード当確!

5日間の日程。3会場に分かれた予選の後はメインコースTPCサマリンを舞台に決勝2ラウンド。いかにもラスベガスふうに景気よくスコアが伸び続けるのが特徴のこのインベンシスクラシックだが、今年の優勝スコアはなんと30アンダーにまで行き着いた。

ノーボギーのラウンドで伸ばしたのはボブ・エステス。出だしバーディから着実に貯金を増やし続け、この日は32-31の63。ついに30アンダーに達した。予選からこの大会をリードしてきた印象のトム・レーマンも終盤追い込みをかけたが詰めきれず、結果的にはこの日唯一の4番ボギーが勝敗を分けた。デービス・ラブIIIも快進撃を開始し、なんと11バーディ奪取の61というコースレコードスコアを叩き出したが、しかし及ばず。

<< 下に続く >>

エステスは6月のセントジュードに続く今期2勝目、通算3回目のツアー勝利となった。94年の初V(テキサスオープン) から7年の長い長いブランクの後、思いもかけぬ素晴らしい収穫の2001年だ。

決勝進出を果たした日本選手2人も最終日もうまくバーディムードに乗ることができた。丸山茂樹は5バーディ、1イーグル、1ボギー。6つ伸ばして16アンダー25位でフィニッシュ。
また決勝に入ってから尻上がりに調子をあげてきた横尾要は6バーディ、1イーグル、2ボギー。17アンダーにまで上げて20位にくい込んだ。先週までのランキングは117位だったが、この賞金加算で一気に106位までランクアップ。シード圏である125位以内は悠々当確となった。来期はPGAツアーのシード選手としてフル出場の横尾を堪能できそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 インベンシスクラシック at ラスベガス




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!