ニュース

米国男子ビュイッククラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 ビュイッククラシック
期間:06/21〜06/24 場所:ウェストチェスターCC(ニューヨーク州)

3日間で予選2ラウンド終了。ガルシア首位をキープ

米国男子ツアー「ビュイック・クラシック」は3日目に入っても悪天候に見舞われた。この日は予選ラウンド残りホールを消化し、予定されていた決勝ラウンドは翌日最終日に持ち越された。

2ラウンドを終えて首位に立ったのは7アンダーのS.ガルシアS.ホークの2人。ガルシアはこの日のラウンドに入りボギーを連発したが、最終17、18番ホールを初日同様連続バーディでフィニッシュ。嫌なもムードを断ち切った。ガルシアと対照的なのがホークだった。粘り強く、我慢のゴルフで最終ホールにバーディを奪って7アンダーまで伸ばした。最終日の36ホールを若いガルシア相手に体力的にもハードな1日が待っている。

<< 下に続く >>

タイガー・ウッズは前日に36ホールをラウンドしているため、この日はコースに出なかった。予選第1ラウンドの4オーバーから1アンダーまで戻したが、30位タイと低迷している。しかし、首位のガルシアが7アンダーとスコアもあまり伸びていないので、最終日の36ホールで逆転優勝の可能性も秘めている。

横尾要は7オーバーで予選落ちとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ビュイッククラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!