ニュース

米国男子メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 メモリアルトーナメント
期間:05/31〜06/03 ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

タイガー・ウッズ爆発!他を寄せ付けず独走V。

メモリアルトーナメント最終日。前日の競技がサスペンデッドになった為、早朝から第3ラウンドの残りの競技が行われた。2日目に首位に立ったP.エイジンガーは中断時の11アンダーから1ストローク伸ばし12アンダー。2打差で追うディフェンディングチャンピオンのタイガー・ウッズは、再開後4ホールでバーディを2つ奪いエイジンガーと1打差で最終ラウンドに入った。

そして、最終ラウンドはウッズが2番ホールでバーディを奪い、5番パー5ではイーグル。この時点で単独トップに立つと、その後もバーディを重ねた。対するエイジンガーが中盤ボギーを連発し、また追っていかなければならないS.ガルシアも中盤ボギーを出しつまずいたため、その差はあっという間に開いた。

結局17アンダーまで伸ばしたウッズが2位ガルシアに6打差をつけての快勝。メモリアルトーナメント3連覇を飾った。次週メジャー5連勝に向けて全米オープンに入るタイガーに死角なしといったところか。

日本からは総勢6名が参加したがこの決勝に残ったのは4人。初日4アンダーの谷口徹が最終日もスコアを伸ばし8アンダーの5位タイに入った。そして、3日目の途中7アンダーまで伸ばした尾崎直道はずるずると後退、結局2アンダーで24位タイ。
丸山茂樹は出入りの激しい展開でイーブンパーの37位、片山晋呉は最終日に1つスコアを戻し6オーバーの56位に終わった。

谷口と片山には、次週行われる全米オープンの舞台が待っている。今回の谷口のように、上位進出を果たしてもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。