ニュース

米国男子ベイヒルインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 ベイヒルインビテーショナル
期間:03/15〜03/18 場所:ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

好調のM.カルカベッキア、P.ミケルソンら米ツアー選手5人が首位に並んだ。

2001/03/16 09:00


ベイヒル・インビテーショナル初日。予想通りハイスコアでの争いになった。3週間後に控えたマスターズへの調整も兼ねて欧州勢も多数参加しているため、米ツアー選手も気合充分だ。

初日トップに立ったのは今シーズン好調のM.カルカベッキアら5人。先週のホンダクラシックで逆転優勝のチャンスを逃したカルカベッキアだが、ショットは相変わらず好調を維持。パット数が29とカルカにとっては多めだが、7バーディを奪った。

<< 下に続く >>

同じく首位タイにはP.ミケルソンが入った。ビュイック・インビテーショナルから3週間、今シーズン2勝目を狙うミケルソンは、10番からのスタートで18番ホールまでに5アンダーと伸ばした。

今シーズン未だに未勝利のT.ウッズはこの大会のディフェンディングチャンピオン。この日は8番ホールでトリプルボギーを叩くなど、勢いに乗れず1アンダー35位と出遅れた。期待のヨーロッパ勢ではL.ウェストウッドS.ガルシアが、タイガーと同じ35位と出遅れた。

日本から唯一出場の尾崎直道は2オーバーで80位タイと大きく出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ベイヒルインビテーショナル




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!