ニュース

米国男子エアーカナダ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 エアーカナダ選手権
期間:08/29〜09/01 場所:ノースビューG&CC(カナダ)

ツアー2勝のサワーズが久々の優勝に向けて一歩前進

米国男子ツアー「エアーカナダ選手権」3日目。先月40歳になったばかりのジーン・サワーズが、66でまわりトータル13アンダーで単独トップに踊り出た。

前半でスコアを4つ伸ばしたサワーズは、後半の出だしでボギーを叩くものの、お返しとばかりにその後すぐに2つのバーディを奪い、終始安定したプレーで気づくとトップに立っていた。

<< 下に続く >>

サワーズは、80年代後半から90年代前半にかけて活躍した選手で、ツアー2勝の実績がある。ここ最近は、BUY.COMツアー(下部ツアー)とレギュラーツアーの行ったり来たりで、めぼしい活躍はしていない。今季も最高成績がジョンディアクラシックでの40位タイと振るっていない。明日、若い頃の絶好調さを取り戻せるか。

そして1打差の2位には、ピーター・ロナードとロバート・アレンビーの2人の豪州勢が名を連ねた。昨日アレンビーは62でまわり、あと1ストロークでコースレコードタイだった。先々週の全米プロではヘイゼルティンのコースレコードタイとなる66でまわり、先週のNEC招待ではサハリーCCで63のコースレコードを樹立していた。最近調子が上向きのアレンビーは、積極的にピンを狙いゲームを作り上げてくる。明日、ラウンド前半でリズムを掴めれば、優勝に一番近い選手と言えるだろう。今日は前半にスコアを1つ落としたが、後半に入り、“ムービングデー”の名のごとく4つのバーディを奪い、12アンダーまでスコアを伸ばした。

首位でスタートしたクレイグ・バーロウは、緊張からプレーのリズムがつかめず2バーディ、2ボギーでイーブンパー。スコアは昨日と同じく10アンダーのままとなってしまったが、まだまだ優勝圏内。

日本勢で唯一、決勝ラウンドに駒を進めた丸山茂樹だが、こちらも波に乗れずバーディの後にボギーが来るチグハグなゲームで、結局スコアは6アンダーのまま。20位タイで最終日を迎えることになった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 エアーカナダ選手権




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!