ニュース

米国男子リノタホオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 リノタホオープン
期間:08/22〜08/25 モントレックスG&CC(ネバダ州)

初優勝を狙う熱い戦いはライリーが制した

米国男子ツアー「リノ・タホ・オープン」は、最終日を前に混戦状態となり、日本の田中秀道にも初優勝のチャンスだった。

しかし、スタート直後に明暗がはっきりと分かれてしまった。1打差、2打差で追い上げるはずの選手が次々に脱落していった。3日目のベストスコア65をマークしたベテランのクレイグ・スタドラーは、1番でボギーを叩き、5番でもスコアを落として圏外。丸山に続いて、今シーズンの日本人2勝目を狙った田中秀道も、1、3番でボギーを叩き、完全に取り残されてしまった。

首位からスタートしたクリス・ライリーと、ジョナサン・ケイの初優勝を狙う2人による一騎打ちになった。しかし、中盤ギャラリーを沸かせたのは、初日単独首位に立っていたチャールズ・ハウエルIIIだった。

3日目にボギーを6つも叩き、完全に失速したと思われていたハウエルが、不死鳥のように舞い上がってきたのだ。前後半4つずつバーディを奪い、通算13アンダーで19位から3位に浮上。ネバダ州リノの陽気なギャラリーは、ハウエルの追い上げで大いに盛り上がった。

そして優勝争いだが、2、3番でバーディを奪ったケイが4番パー5でイーグルを奪い、一歩抜け出した。引き離されぬようライリーもスコアを伸ばし、17番でケイがボギーを叩いたため、17アンダーでプレーオフに突入した。

プレーオフ1ホール目。ティショットを右サイドのラフに入れたケイは、セカンドショットがガードバンカーへ。その後、寄らず入らずボギーを叩いたケイに対し、ライリーは無難にパーセーブ。嬉しいツアー初優勝を飾った。

今週はランキング上位選手が、世界ゴルフ選手権に出場するため、フィールドが弱いと言われていたが、米国のツアーは本当に層が厚いと実感させられる。少ないチャンスをモノにしてステップアップしていかなければ、トッププロへの道が開けないのだ。

さて、序盤で失速してしまった田中だが、11番でダブルボギー、13番でもボギーを叩き、一時は4アンダーまで落とした。しかし、17、18番の上がり2ホールで意地の連続バーディを奪い17位に入った。

また、3日目に5バーディを奪って19位に浮上していた横尾要は、2バーディ、3ボギーでスコアを1つ落とし30位で競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 リノタホオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。