ニュース

米国男子リノタホオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 リノタホオープン
期間:08/22〜08/25 場所:モントレックスG&CC(ネバダ州)

C.ハウエルIIIが、ツアー初優勝に向け7アンダーの好スタート!

米国男子ツアー「リノ・タホオープン」が、ネバダ州のモントレックスゴルフ&カントリークラブで開幕した。今週はワールドランキング上位50位までの選手がほとんどNECインビテーショナルに出場しているため、優勝からあまり縁のなかった選手にもチャンスが巡ってくる。

初日7アンダーをマークして単独首位に立ったのはチャールズ・ハウエルIIIだった。7バーディ、ノーボギーの完璧なゴルフだった。ハウエルといえば、昨年7月のミルウォーキーオープンで丸山茂樹とプレーオフを戦い、惜しくも初優勝を逃した。そして、今シーズンは開幕戦から4位、6位と好成績を残し、今回参加している選手の中では、最も優勝に近い選手と言える。

<< 下に続く >>

ハウエルを1打差で追いかけるのは、J.Lルイス、ジョン・ロリンズ、トム・パーニスjrの3人。そして、2打差の5位にコロンビアのエドアルド・エレラが入っている。エレラは1988年から昨年まで14年間、日本ツアーに出場していた。優勝も5回挙げているほどだ。

昨年末、田中秀道と同じように米国ツアーのQスクールを突破し試合に出場している。しかし、これまで14試合に出場して、予選通過はたったの2回。4月のクライスラークラシックで69位。7月のBCオープンでは、全英オープンの裏試合として行われ8位に入った。今週も上位選手が不在のため少しでも上を目指し、来シーズンのシードを狙いたい。

今週の日本勢は田中秀道横尾要の2人。田中は2バーディ、1ボギーの1アンダーで33位とまずまずのスタート。安定した田中とは対象的に、横尾のゴルフは波が大きすぎた。1番で幸先の良いバーディを奪った横尾は、前半9ホールで5つのバーディを量産した。11番で6アンダー首位に立ったのだが、12番初めてのボギーを叩くと様子が一変した。

14、15番の連続ボギーの後は16番でダブルボギー。さらに最終18番ホールでもボギーを叩き、前半の貯金を全て使ってしまった。イーブンパーは49位タイと平凡な成績だが、後半のゴルフを考えると明日以降が心配になってくる。

おすすめ記事通知を受け取る

2002年 リノタホオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!