ニュース

米国男子ケンパーインシュアランス・オープンの最新ゴルフニュースをお届け

ビッグネーム不在? 超ビッグネームが首位に立った!

米国男子ツアー「ケンパーインシュアランス・オープン」は、トッププレーヤーの欠場が目立ちフィールドが低いと言われている。ビッグネームが出ないのでは・・・ギャラリー数も少なくなってしまったが、大会を盛り上げているのはこの男の活躍だ。

オーストラリアを、いやPGAツアーを代表するスター選手の一人グレッグ・ノーマンが首位に浮上してきたのだ。初日4アンダー4位につけていたノーマンは序盤7ホールをパーで切り抜けると8、9番で連続バーディを奪った。

<< 下に続く >>

後半も12番、16番ホールから連続バーディを奪い6ストローク伸ばした。ノーマンの65はこの日のベストスコア。通算10アンダーで2位に2ストロークのリードを奪った。パー3で2つバーディを奪うなどショットの切れが良く、パッティングも安定していた。

2位にはB.エステスなど4人が8アンダーで並ぶ混戦状態になっている。今大会の顔ぶれでは優勝候補と思われたC.ディマルコは、スコアを伸ばせず5アンダーは変わらず3位から18位に後退してしまった。

今週の日本勢は田中秀道谷口徹が出場している。初日ノーマンと同じく4アンダー8位につけていた田中は、この日スコアを1つ落としてしまい3アンダー32位まで後退してしまった。前日の終盤、ボギーが続き尾を引かなければと心配したが、この日は立ち上がりから苦しい展開になった。

また、初日6オーバーと大きく出遅れた谷口徹は4バーディ、2ボギーとスコアを2つ伸ばし4オーバーになったが、予選通過はできなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ケンパーインシュアランス・オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!