ニュース

米国男子ジェニュイティ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ジェニュイティ選手権
期間:02/28〜03/03 場所:ドラールリゾート&CC(フロリダ州)

E.エルスが独走態勢に入った! タイガーは2位だが8打差つけられた

2002/03/03 09:00


初日、2日目と強風が吹く中、唯一ノーボギーでラウンドしたE.エルスが11アンダーで単独首位に立ったのだが、3日目に入りさらにスコアを伸ばした。

1、2番を連続バーディでスタートしたエルスは、4番パー3でこの大会初のボギーを叩いた。しかし、5番から再びバーディラッシュ、3連続バーディで2位以下を引き離しにかかった。9番パー3で2つ目のボギーを叩いたが、11番から再び3連続バーディで17アンダーまでスコアを伸ばした。

<< 下に続く >>

各選手が風に悩まされ、スコアを伸ばせない状況だったが、エルスだけが面白いようにバーディを奪った。2位に8打差で最終日を迎える。

9アンダーの2位にはT.ウッズとP.ロナルドが並んだ。7アンダーからスタートしたウッズは、スタートの1、2番で連続バーディを奪った。しかし、その後16ホールはすべてパー。バーディパットが決まらず、ストレスの溜まるラウンドになってしまった。

スコアを伸ばし続けるエルスとの8打差はそう簡単には縮まるものではないが、ウッズにとって今後の試合のことを考えると、最終日はスコアを伸ばし良いイメージをつかんでおきたい。

4位グループはV.シンJ.レナードら4人が7アンダーで並んでいる。シンと同じ組でラウンドした日本の丸山茂樹は、バーディが奪えず苦しいラウンドとなった。2つのボギーでしのぎ通算3アンダー、19位で踏ん張っている。

1アンダー56位からスタートしたS.ガルシアは、1つスコアを伸ばし2アンダーになった。通常のトーナメントでは3日目にスコアを1つしか伸ばせないと、順位を下げてしまうものだが、この大会は周りがスコアを落としているので28位まで浮上してきた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ジェニュイティ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!