ニュース

米国男子ベルカナディアンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2打差をつけ、田中秀道が再び単独首位!!

カナダのハミルトンゴルフ&カントリークラブで開催されている米国男子ツアー『ベルカナディアンオープン』3日目。田中秀道が3日目を終了した時点で7アンダー、2位と2打差をつけ単独首位に踊り出た。

<< 下に続く >>

カナダのハミルトンゴルフ&カントリークラブで開催されている米国男子ツアー『ベルカナディアンオープン』3日目。田中秀道が3日目を終了した時点で7アンダー、2位と2打差をつけ単独首位に踊り出た。

<< 下に続く >>

4アンダー、1打差の2位でスタートした田中は、2番から5番まで4連続バーディと序盤から猛チャージをかけ、前半で3ストローク伸ばした。だが後半に入ると10番、11番とボギーを叩き、このままズルズル後退してしまうのかに思われたが、16番でバーディ、17番では快心のイーグルを奪い再び首位に立った。最終18番は、ボギーとしてしまったが通算7アンダー首位で明日最終日を迎える。

一方、同じく4アンダーでスタートした久保谷健一は、1番、2番でボギーを叩き、出鼻をくじかれてしまった。4番、5番でバーディを奪いイーブンに戻すが、途中で4連続ボギーを叩くなどピリッとしないプレーが続いた。この日は4バーディ、8ボギーと大荒れなラウンドとなり、22位に後退してしまった。

また2日目でトップに立っていたチャールズ・ハウエルIIIは、4番でバーディを奪うものの、その後はパープレーが続く穏やかなラウンドとなり、通算5アンダー、2位と首位から陥落した。

3日目を終えて単独首位に立った田中秀道。2位とは2打差あり、このまま逃げ切りたいところだが、3日間スコアが安定しているハウエルや再浮上してきたブラッド・ファクソンなど4名が2位グループで虎視眈々と優勝を狙っている。米ツアー挑戦2年目にして、悲願の初優勝なるか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ベルカナディアンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!