ニュース

米国男子ワコビア選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ワコビア選手権
期間:05/08〜05/11 クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

最後はヒヤヒヤ!D.トムズが2打差で2年ぶりに優勝

米国男子ツアー第18戦『ワコビア選手権』が、ノースカロライナ州シャーロットにあるクエイルホロークラブで開催された。今年新規で開催される大会で、賞金額はメジャーに匹敵する高額が用意されていた。優勝賞金は105万ドル、その大金を手にしたのはデビッド・トムズだった。

3日目に11アンダーまでスコアを伸ばし、2位に5打差で最終日を迎えたトムズは、持ち前のステディなゴルフで静かにスコアを伸ばした。追ってくる選手も何人か現れたが、その差を縮められることはなかった。

最終18番ホールに入った時点では、6打差がついていた。しかし、この後とんでもない幕切れを生んだ。ティショットを右サイドの林に入れると、2打目はハザードへ。ハザード内から3打目を打ち、4打目でやっとグリーンをとらえる。グリーンにのってからもバタバタしてしまい、返しの1メートルパットまで外す始末。結果なんと4パットしてしまい、このホール「8」とした。

6打差があっという間に2打差になったが優勝。ラウンド後「最終ホールは本当に難しかった」というトムズは、2001年「ミケロブ選手権」以来ツアー8度目の優勝をかみ締めていた。

最終日の展開は首位トムズが一人飛びぬけ、2争いは熾烈だった。序盤スコアを伸ばしたのは5アンダー5位からスタートしたニック・プライスだった。初日首位に立ちながらその後スコアを崩したプライスだが、最終日は前半に4つのバーディを奪った。追い上げ体制に入ったところで、雨のため約30分の中断が入ってしまった。再開後、プライスのゴルフはそれまでの勢いが全く見られず、ボギーを4つ叩くなどスコアを崩してしまった。

また、15番ホールまでに6ストローク伸ばしたビジェイ・シンも、勝負に出た17番パー3で池に捕まりダブルボギー。それまで順調にスコアを伸ばしてきたロバート・ガメスも同じ17番でティショットをバンカーに入れボギーを叩き、3人の選手が2位タイで並ぶ結果になってしまった。

今週日本からは丸山茂樹田中秀道が出場。丸山は首痛がまだ完治していない様子で予選落ち。田中は10番でチップインバーディを決めたが、通算3オーバー58で競技を終了している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ワコビア選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。