ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

J.レナードが通算24アンダーでD.ラブをかわしツアー8勝目!

2003/03/17 09:00

米国男子ツアー第10戦「ザ・ホンダクラシック」が3月13日(木)から16日(日)までの4日間、フロリダ州パームビーチガーデンズにあるCC at ミラソルで開催された。
19アンダーの単独2位からスタートしたジャスティン・レナードが、スコアを5つ伸ばし24アンダーで逆転優勝を果たした。

最終日のレナードは、15番ホールまでに6つのバーディを積み重ね25アンダーまで伸ばした。続く16番パー3でピンチを凌ぎ、最後まで優勝争いを展開したデービス・ラブIIIとの差は2つに開いた。最終ホールはボギーを叩いてしまったが、1打差でラブをかわした。昨年4月に行われた「ワールドコム・クラシック」以来のツアー8勝目となった。

3日目を終えて20アンダー単独首位に立っていたラブは、9番パー5で快心のイーグルを奪い、1歩リードした。ところが、その後はバーディチャンスをつかめず苦しい展開になった。勝負を決めたのは、16番パー3。レナードが長いパーパットを沈めピンチを凌いだ直後、ラブは短いパーパットを外してしまった。

堅実なゴルフでスコアを伸ばすレナードに対し、攻めつづけるラブは、最後までピンを狙ったアグレッシブなゴルフを見せた。しかし、焦りも生じたのか要所でショットが左右にブレてしまった。ラブのシーズン2勝目はおあずけとなってしまった。

今週の日本勢は、田中秀道貞方章男の2人が決勝ラウンドに進出。久保谷健一は予選落ち、丸山茂樹は先週痛めた首痛が思わしくなく2日目に棄権している。14アンダー22位で最終日を迎えた田中は、バーディを6つ奪ったが、ボギーにダブルボギーも叩く出入りの激しいゴルフで2ストローク伸ばして16アンダー28位。

10アンダー52位からスタートした貞方は、最終日に3ストローク伸ばし13アンダーまで伸ばしたが、順位は57に後退してしまった。今週は優勝スコアが24アンダー、予選通過のカットラインも6アンダーとハイスコアでの展開。今シーズンから米ツアーの挑戦している貞方は、ソニーオープン以来2度目の予選通過となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ザ・ホンダクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。