ニュース

米国男子 アーノルド・パーマーインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

アーノルド・パーマーインビテーショナル
期間:03/22~03/25  場所: ベイヒルC&ロッジ(フロリダ州)

石川遼が“難関”ベイヒルに挑む! タイガーが出場

2012年 アーノルド・パーマーインビテーショナル 事前情報 マーティン・レアード
昨年はM.レアードがタイトルを獲得。今年、A.パーマーから戴冠を受けるのは誰になるのか!?(David Cannon/Getty Images)【拡大写真】

米国PGAツアーの第14戦「アーノルド・パーマーインビテーショナル」が3月22日(木)から25日(日)までの4日間、米国フロリダ州にあるベイヒルGC&ロッジで行われる。昨年大会は、2日目から首位に立ったマーティン・レアードがそのまま最終日まで逃げ切り、ツアー通算2勝目を達成。日本勢は石川遼池田勇太が出場し、それぞれ通算7オーバー、通算9オーバーでともに予選落ちを喫した。

今年の日本勢は、4年連続の出場となる石川がただ1人出場する。過去3度の出場では、09年、11年と2度の予選落ち。唯一決勝ラウンドに進んだ10年も40位タイと、これまで上位争いに加われていない。結果だけを見れば相性の良い舞台ではないが、今シーズン出場した米ツアー6試合では、単独2位で終えた「プエルトリコオープン」をはじめ数々の見せ場を演出。今週も高い期待を背に、2週間後に迫った「マスターズ」前の最後の1戦に臨む。

そして、2週前の「WGCキャデラック選手権」最終日に左足アキレス腱の痛みを訴え、棄権をして以来の出場となるタイガー・ウッズ。その回復具合が気がかりではあるが、今大会は過去に6度の優勝を誇り、ベイヒルは得意としているコースの1つ。2週間後の「マスターズ」も“楽しみにしている”と話すタイガーのプレーに注目したい。

さらに先週の「トランジションズ選手権」でプレーオフで惜しくも敗れたベ・サンムン(韓国)をはじめ、フィル・ミケルソングレーム・マクドウェル(北アイルランド)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、アーニー・エルス(南アフリカ)らが出場を予定している。

【主な出場予定選手】
ベ・サンムンS.シンクE.エルスJ.フューリックS.ガルシア石川遼G.マクドウェルP.ミケルソンI.ポールターJ.ローズW.シンプソンV.シンN.ワトニーB.ワトソンT.ウッズ


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~