ニュース

米国男子ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーションの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション
期間:01/19〜01/22 場所:PGAウェスト(パーマーコース)(カリフォルニア州)

C.ビジェガス首位タイ発進 ベ・サンムンが1打差3位

◇米国男子◇ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション初日◇PGAウェスト・パーマーコース(6950ヤード、パー72)、ラ・キンタ・カントリークラブ(7060ヤード、パー72)、ニクラス・プライベート at PGAウェスト(6924ヤード、パー72)=米カリフォルニア州

「ボブホープ・クラシック」からリニューアルされた大会は、初日から3日間、プロアマ形式で3つのコースをプレーする4日間競技(最終日はプロのみが出場)。ラ・キンタCCをラウンドしたデビッド・トムズ、ニクラス・プライベートを回ったカミロ・ビジェガス(コロンビア)が、いずれも9バーディ、ノーボギーの「63」をマークして9アンダーのトップタイでスタートを切った。

<< 下に続く >>

昨季1勝を挙げたトムズに対し、ビジェガスは久々といえる好発進。昨年は出場25試合中、予選通過14試合、トップ10入り4度と不遇の時期を過ごしたが、新シーズンの序盤戦で再び存在感を見せられるだろうか。

トップの2人を1打差で追う8アンダー、3位タイにはテッド・ポーターJr、ブラント・スネデカー、ボブ・エステスの地元米国勢とともに、韓国のべ・サンムンが入った。昨年度の日本ツアー賞金王はニクラス・プライベートをラウンドし、後半8番(パー5)ではイーグルを奪うなど「64」をマーク。前週の「ソニーオープンinハワイ」に続いて自信あふれるプレーは米国でも健在のようだ。

サンムンと同じく注目の韓国人ルーキー、ノ・スンヨルも、ベン・クレーンらと並んで7アンダーの7位タイと好発進。バド・コーリーは6アンダーの14位タイ。唯一の日本勢、今田竜二はパーマーコースをプレー。前半アウトで1つスコアを落としたが、後半10番から5連続バーディを奪い、4アンダーの31位タイで初日を終えた。

昨年の前身大会でベネズエラ人として初の米ツアーチャンピオンになったジョナサン・ベガスは2アンダーの80位タイ。また、自身の今季初戦を迎えたフィル・ミケルソンはダブルボギー、トリプルボギーありの「74」で2オーバー、134位タイと大きく出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!