ニュース

米国男子マックグラッドリークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 マックグラッドリークラシック
期間:10/13〜10/16 シーサイドコース(ジョージア州)

B.クレインがプレーオフを制し逆転勝利! W.シンプソンが賞金ランクトップに

◇米国男子◇マックグラッドリークラシック最終日◇シーアイランドコース(ジョージア州)7,055ヤード(パー70)

首位と5打差の9位タイからスタートしたベン・クレインが、ウェブ・シンプソンをプレーオフで下し、今季初勝利を手にしている。この日クレインは8バーディ、1ボギーの猛追を見せてスコアボードを駆け上がると、通算15アンダーと首位に並んでホールアウトした。一方シンプソンは、4バーディ、ノーボギーのラウンドで通算15アンダーとし、勝負はプレーオフへ持ち越された。

17番(パー3)で行われたプレーオフ2ホール目、クレインがパーパットを沈めたのに対し、シンプソンがボギーとし、クレインが2010年の「ファーマーズインシュランス・オープン」以来、ツアー通算4勝目を飾った。

一方のシンプソンは惜敗を喫したものの、賞金ランキングではトップのルーク・ドナルド(イングランド)を抜き、約36万ドル差をつけてトップに躍り出た。次週の最終戦への出場も予定しており、果たして26歳の若き賞金王の誕生なるか。

通算14アンダーの単独3位にはマイケル・トンプソン、通算13アンダーの単独4位にはルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)が続いている。3日目に追い上げを見せたトレバー・イメルマン(南アフリカ)は最終日1ストローク伸ばすにとどまり、通算12アンダーの単独5位でフィニッシュしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 マックグラッドリークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。