ニュース

米国男子トランジションズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 トランジションズ選手権
期間:03/17〜03/20 場所:ウェスティンイニスブルックリゾート(フロリダ州)

J.ローズ、単独首位で最終日へ! S.ガルシアは後退

フロリダ州ウェスティンイニスブルクリゾートで開催されている米国男子ツアー第12戦「トランジションズ選手権」の3日目。5位タイからスタートしたジャスティン・ローズ(イングランド)が4連続を含む6バーディ、ノーボギーの「65」をマークし、通算13アンダーの単独首位に浮上した。

通算12アンダーの2位タイに、ブランドン・デ・ヨング(ジンバブエ)とウェブ・シンプソン。通算11アンダーの4位タイに、スコット・スターリングスとゲーリー・ウッドランドが続いている。2位タイからスタートしたセルヒオ・ガルシア(スペイン)は通算7アンダーの16位タイに後退した。

ローズが今季初勝利に王手

昨季の「ザ・メモリアル」で米国ツアー初優勝を飾ったローズが、2日連続で「65」をマーク。「今週は最初の27ホール(2日目の9番)までは我慢の展開だった」というが、この日は前半のアウトで5つのバーディ奪って一気に首位に躍り出ると、ノーボギーのまま最終18番を迎え、フェアウェイから残り142ヤードの第2打を8番アイアンでピンそば1.8メートルにつけてバーディで締めくくった。「バック9もイライラすることなくチャンスを待っていたら、良いフィニッシュができた」と笑顔。最終日に向け「もう一度、我慢していかないと」と話した。

3年ぶりの優勝を狙うS.ガルシアは失速

25歳のスコット・スターリングスが8番(パー3)でホールインワンを達成。8番アイアンでのショットに「入るところは見えなかったけれど、ギャラリーの声援で分かった。すごかったよ」。今季は6試合に出場し5度の予選落ちとふるわなかったが、「66」をマークして通算11アンダー。首位に2打差の4位タイからツアー初勝利を狙う。8アンダーの3位タイから出たセルヒオ・ガルシア(スペイン)は4バーディ、5ボギーの「72」でまわり通算7アンダーの16位タイに後退した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 トランジションズ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!