ニュース

米国男子WGC キャデラック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 WGC キャデラック選手権
期間:03/10〜03/13 ドラール・ゴルフリゾート&スパ(フロリダ州)

N.ワトニーが逆転優勝!石川は終盤に苦しむ

フロリダ州ドラールリゾート&スパで行われている「WGC ギャデラック選手権」の最終日、通算11アンダー2位タイでスタートしたニック・ワトニーが、通算16アンダーまでスコアを伸ばし逆転優勝。ツアー通算3勝目を果たした。

通算13アンダーの単独首位で最終日を迎えたダスティン・ジョンソンは、2バーディ、1ボギーとスコアを伸ばしきれず通算14アンダーの単独2位に終わった。さらに1打差の通算13アンダー3位タイにはイタリアのフランチェスコ・モリナリアンダース・ハンセン(デンマーク)の2人。

3日目を終えて通算2アンダー30位タイと出遅れていたタイガー・ウッズは、この日のベストスコアとなる6アンダーをマーク。通算8アンダーの10位タイまで順位を上げてきた。対照的に、最終日を16位タイで迎えた石川遼は、終盤にスコアを崩すなど、この日6オーバーの「78」。通算1オーバーの42位タイとなった。

通算5オーバー58位タイからスタートした池田勇太は、スコアを1つ伸ばして通算4オーバーの55位タイ。そして通算2オーバー50位タイスタートの藤田寛之は、通算7オーバーの61位タイで4日間の戦いを終えた。

石川遼は終盤に乱れて後半インは「41」

昨年の全英オープン王者ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)とのラウンドとなった石川は、出だしから2連続ボギーとつまずいた。「風は穏やかな方だったと思うけれど、自分のショットが乱れてしまった」と、特にドライバーショットの不出来を悔やんだ。最終18番では2度池ポチャとしてしまい、大会の締めくくりは結局ダブルボギー。上がりの3ホールで4つスコアを落としたことに「気持ちが最後まで持たなかったことが悔しい」と唇をかんだ。

ワトニーは最終18番をバーディで締めくくり今季初勝利

最終組のひとつ前の組でラウンドしたワトニーは、2位のダスティン・ジョンソンに1打差をつけて迎えた最終18番(パー4)、4メートルのバーディパットを沈め右手で力強くガッツポーズ。最終組のジョンソンが、セカンドショットを打つ前に2打差とし勝利を確信した。2009年の「ビュイックインビテーショナル」以来となる通算3勝目をマーク。2年前の同大会(大会名は「WGC CA選手権」)では、1打差で優勝を逃した思い出の大会だけに「僕のキャリアにおいて、今日は最も大きな日だ。ものすごく興奮している」と喜びをかみしめた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 WGC キャデラック選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。