ニュース

米国男子ミシュラン選手権 at ラスベガスの最新ゴルフニュースをお届け

日本ツアーでお馴染み!A.ストルツが米ツアー初優勝

ネバダ州ラスベガスにあるTPC at サマリン、TPC at ザ・キャニオンズ、ベアーズベストの3コースで行われている、米国男子ツアーの第40戦「ミシュラン選手権 at ラスベガス」の最終日。

決勝ラウンドはTPC at サマリン。強豪勢が低迷する中、予選ラウンドを終えて首位を奪取したベテランのトム・レーマン、そのほかツアー初勝利を目指す選手達が果敢にスコアを伸ばしていった。

優勝の行方は終盤までもつれる大混戦。トップ集団が20アンダーでひしめく中、16番でバーディを奪い一歩抜け出したのは、日本ツアーで力をつけてきたアンドリュー・ストルツ(オーストラリア)だ。最終18番、グリーン左側は池とプレッシャーのかかる場面でしっかりパーオンに成功したストルツは、パーをセーブし通算21アンダーで米ツアー初優勝を飾った。

ストルツは、昨年日本ツアー「東建ホームメイトカップ」で優勝した後、ネイションワイドツアーで1勝。今季はこれまで19試合に出場し予選通過したのは6試合のみとパッとしない成績だったが、この大会で大金星を挙げた。日本ツアー育ちのトッド・ハミルトンが活躍しているように、ストルツも世界で活躍することができるのか注目したい。

また、この日コースレコードタイとなる「61」をたたき出し、20アンダーに乗せたタグ・ライディングス、ベテランのトム・レーマン、ハリソン・フレーザーの3人。そして、マンデークオリファイから勝ち上がってきたディッキー・プライドが、最終ホールでボギーをたたくも通算19アンダー4位タイに入る大健闘を見せた。この結果、来週行われる「クライスラークラシック of グリーンズボロ」の出場権を獲得している。

そのほか、メジャーチャンプのジム・フューリックが、この日6つスコアを伸ばして通算17アンダーの11位タイでフィニッシュ。デビッド・デュバルは、通算13アンダーの37位タイで競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ミシュラン選手権 at ラスベガス




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。