ニュース

米国男子ビュイッククラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ビュイッククラシック
期間:06/10〜06/13 ウェストチェスターCC(ニューヨーク州)

ハリントン米ツアー初優勝ならず またしてもガルシアがプレーオフを制す

ニューヨーク州ハリソンにあるウェストチェスターCCで行われている、米国男子ツアー第23戦「ビュイッククラシック」の最終日。首位からスタートしたベテランのローレン・ロバーツが大きくスコアを崩す中、強豪勢が追い上げを見せ、優勝争いに絡んできた。

8アンダーの8位からスタートしたセルヒオ・ガルシアは、序盤の2、3番でボギーを叩き出鼻をくじかれたが、7番から10番の4連続バーディをきっかけにバーディを量産。この日4つスコアを伸ばして通算12アンダーとし、後続を待った。

また、9アンダー6位スタートのパドレイグ・ハリントンは、パー5でイーグルを奪うなど前半で2つ、後半で1つスコアを伸ばし、通算12アンダーでガルシアと並んだ。また11アンダースタートのローリー・サバティーニは、出入りの激しいゴルフを展開するも、1つスコアを伸ばして通算12アンダー。これで3人の選手が並び、勝負はプレーオフに持ち越された。

プレーオフ1ホール目の18番パー5、ハリントンがチャンスを迎えるも決めることができず、3人ともパーで次のホールへ。2ホール目の17番パー4、ハリントンは2打目でグリーンエッジまで運ぶもパーセーブに失敗。米ツアーでの初優勝はおあずけとなった。

18番に戻り3ホール目、お互いにティショットはフェアウェイを外し、3打目勝負に。ガルシアはきっちり2メートルにつけてバーディ。一方サバティーニは、2段グリーンの下につけてしまいバーディパットを決めることができず、ガルシアが「EDSバイロンネルソン選手権」に続き、またしてもプレーオフを制し今季2勝目を飾った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ビュイッククラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。