ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:02/05〜02/08 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州)

今季好調を持続しているV.シンとP.ミケルソンが好発進

米国男子ツアー第5戦「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」が、カリフォルニア州にあるペブルビーチゴルフリンクス、ポピーヒルズGC、スパイグラスヒルGCの計3コースで開幕した。この大会はプロアマ競技で行われ、初日から3日目までが予選ラウンド、決勝ラウンドは最終日だけとなっている。

初日7アンダーで首位に立ったのはJ.J.ヘンリーマット・クーチャーだ。ヘンリーは7バーディノーボギーでラウンドし、パーオンに失敗したのは1度だけとショットが冴えていた。またクーチャーは、8番から11番まで4連続バーディを奪い波に乗ると、上がり3ホールでも3連続バーディを奪って首位に並んだ。

<< 下に続く >>

12試合連続トップ10フィニッシュの記録を目指すビジェイ・シンは、1番と4番でボギーを叩き出鼻をくじかれたが、その後は確実にバーディを積み重ね、7つのバーディを量産。通算5アンダー4位タイで初日を終えている。

今季好調を続けているフィル・ミケルソンは、堅実なゴルフを披露。5バーディ1ボギーの通算4アンダー12位タイにつけ、順調なスタートを切った。

一方、ディフェンディングチャンピオンのデービス・ラブIIIは、2バーディ1ボギー2ダブルボギーの大荒れな展開。通算3オーバーの142位タイと大きく出遅れている。

そのほか、「ソニーオープン」以来となる今季2戦目の宮瀬博文は、1バーディ5ボギー通算4オーバーの160位タイ。この日パット数が35回とパットに精彩を欠いた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!