ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

進藤大典 PGAツアー・ヤーデージブック読解

“チーピン”も悪くない? オーガスタ10番は最難関

2019/04/08 18:42


4月のメジャー初戦「マスターズ」が今週11日(木)に開幕します。すべてのゴルファーが憧れる会場のジョージア州オーガスタナショナルGCで、今年も熱戦が期待されます。1934年に開場した当地はボビー・ジョーンズとアリスター・マッケンジーの設計で始まり、年々進化を続けています。11番、12番、13番の“アーメンコーナー”はとくに有名ですが、他にも攻略が難しいホールばかり。大会直前のこのコーナーでは3ホール以外にポイントになるホールを5つピックアップして解説します。

オーガスタナショナルGC 10番パー4(495yd)

フロントナインを終えて、いっそう気持ちを引き締めなければいけないのがオーガスタ。後半の入り口、10番は長い歴史の中で、もっとも難度が高いホールのひとつです。

ティショットは約20ydの打ち下ろし。1W、3Wで打ちますが、実際にボールが落ちるエリアは見えないので、ボールの軌道でポジションを想像します。左サイドからせり出ている木を避ける、大きな左回転のボールを打たなければなりません。(右打者なら)ドロー、いや、フックというのが正しいでしょう。普通なら「これ、ヤバイ!」という引っかけ、チーピンのようなショットでも、左サイドのフェアウェイぎりぎりに残っていることもあるのです。

ですから、左サイドから2打目を打った選手をご覧になった時は、「かなりのミスショットをしたのかも」と考えてもイイでしょう。2011年大会でロリー・マキロイ(北アイルランド)は左の林にある建物の近くまで曲げてしまい、これをきっかけに逆転を許しました。普通のコースなら“即OB”。打ち出しから左に抜けてしまった、不慮の事故というべき一打としか言いようがありません。

2打目は、より気が抜けません。グリーンエッジまで残り182yd地点でマイナス7yd、162yd地点で5ydのマイナス。左足下がりのライになります。グリーンの横幅は20yd未満で、手前のエリアは下り傾斜で手前に30ydほど戻ってしまうことも。グリーンは右奥から左手前にかけて下っています 。右のバンカーが効いているため、左に打ちたくなりますが、行き過ぎると左手前の林まで落ちる危険性が出てきます。つま先上がりのライから精度の高いカットボールが打てなければ、トラブルになりやすいのです。

10番はプレーオフでも使用されるホールのひとつで、2012年にバッバ・ワトソンが、13年にはアダム・スコット(オーストラリア)が決着をつけました。スコットはピンの右から5mのバーディパットを決めてメジャー初制覇。その時、キャディのスティーブ・ウィリアムズは「あまり切れないぞ。ラインを薄めに読もう」とアドバイスをしたそうです。スティーブのすごさは、その直前の2打目にもあります。アイアンショットのキャリーをピンの横まで打たせない、手前10ydに落とさせて、あとはバウンドを使わせました。かつてタイガー・ウッズのバッグを担いで何度も優勝した経験が活きた最高のシーンでした。(解説・進藤大典)

おすすめ記事通知を受け取る

進藤大典(しんどう・だいすけ)
1980年、京都府生まれ。高知・明徳義塾を卒業後、東北福祉大ゴルフ部時代に同級生の宮里優作のキャディを務めたことから、ツアーの世界に飛び込む。谷原秀人、片山晋呉ら男子プロと長くコンビを組んだ。2012年秋から18年まで松山英樹と専属契約を結び、PGAツアー5勝をアシストした。

関連リンク

2019年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。