ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

進藤大典 PGAツアー・ヤーデージブック読解

恐怖の3段グリーン オーガスタ9番は攻めすぎ注意

2019/04/07 14:01


4月のメジャー初戦「マスターズ」がいよいよ11日(木)に開幕します。すべてのゴルファーが憧れるジョージア州・オーガスタナショナルGCで、今年も熱戦が期待されます。当地は1934年、ボビー・ジョーンズとアリスター・マッケンジーの設計で開場し、年々進化を続けています。11番、12番、13番の“アーメンコーナー”は特に有名ですが、ほかにも攻略が難しいホールばかり。大会直前のこのコーナーでは、3ホール以外にポイントになるホールを5つピックアップします。(解説・進藤大典)

オーガスタナショナルGC 9番パー4(460yd)

バーディのチャンスが大きい8番(パー5)の直後から、特に難しいホールが続きます。9番から12番(パー3)までの4ホールはパープレーなら素晴らしいスコアと言えるでしょう。

折り返しとなる9番は、ティショットで打ち下ろし、セカンドで打ち上げていくホール。フェアウェイの“底”まではティエリアからマイナス15ydほどになり、ボールの落としどころが見えません。選手たちは球の落ち際を確認できないと、ショットのイメージが湧きにくい。両サイドの林の間を抜いていきますが、空中にターゲットを絞る作業が必要になります。

ティショットはフェアウェイキープがマスト。第2打のアングルを考えれば、グリーンを長く使える右サイドに置くのが正しいと言えます。左に曲げると、グリーンを狙うのは極めて難しい。左手前に構えるバンカーが、真正面に見えることになるからです。

第1打のランディングエリアが下っているため、このホールは飛距離の出る選手とそうでない選手の差が出ます。比較的飛ぶ選手は平らなライからショートアイアンで打つことが可能。一方で距離が出なければ、エッジまでは残り約140から150yd、ピンが奥に切られた場合は180yd。さらに打ち上げですから、200yd近いショットを左足下がりのライから打つことになります。

それでいて、左手前にバンカーがあり、グリーンは左から右に下る傾斜になっているため、セオリーでは(右打者の場合)ドローボールの方が止めやすい。左足下がりのライからは普通、球は右に曲がりやすいですから、難しさは一目瞭然でしょう。

バーディチャンスを作るためには3、4ydほどのエリアに落とす必要がある“恐怖の3段グリーン”を狙うに当たって、注意すべきは(1)50yd転がり落ちることもある手前のエリア、(2)ピン奥のエリア、(3)ショートサイド。左にピンが切られたときにバンカーからは寄せきれません。そして、グリーンを外すときにはピンの横まで打たないこと。ピンの真横よりは、少しでも手前からの方がパーなどをセーブできる可能性が高いのです。

1996年、2位に6打差をつけて最終日にトップから出たグレッグ・ノーマン(オーストラリア)は、ここから3連続ボギーをたたいてニック・ファルド(イングランド)にタイトルを譲りました。穏やかにバックナインを迎えるために、しっかりクリアしたいホールです。

おすすめ記事通知を受け取る

進藤大典(しんどう・だいすけ)
1980年、京都府生まれ。高知・明徳義塾を卒業後、東北福祉大ゴルフ部時代に同級生の宮里優作のキャディを務めたことから、ツアーの世界に飛び込む。谷原秀人、片山晋呉ら男子プロと長くコンビを組んだ。2012年秋から18年まで松山英樹と専属契約を結び、PGAツアー5勝をアシストした。

関連リンク

2019年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。