ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ウィンダム選手権
期間:08/01〜08/04 場所:セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

進藤大典 PGAツアー・ヤーデージブック読解

バーディ必須のパー5 レギュラーシーズン最終戦は伸ばし合い

2019/08/01 11:02


セッジフィールドCC 15番パー5(545yd)

PGAツアーはいよいよ、来季のシード権も決まるレギュラーツアー最終戦となりました。来週の「ザ・ノーザントラスト」からは3試合のプレーオフシリーズとなります。一年は早いものですね。今週の会場は暑い、暑いノースカロライナ州グリーンズボロにあるセッジフィールドCC。優勝スコアは4日間で通算20アンダー前後と、例年バーディ合戦が繰り広げられています。

ピックアップしたのは15番ホール。今大会はパー5が2つしかない設定です。アウトの5番(529yd)とともに、このチャンスホールで確実にスコアを縮めないと、優勝争いにはからめない。特にサンデーバックナインではイーグルチャンスが大いにある年が多く、優勝争いの渦中で重要なキーホールとなります。

<< 下に続く >>

ティショットは約20ydの打ち下ろし。トーナメントティからはフロントティエリアで、フェアウェイが見づらくなっているため、落としどころのイメージをしっかりと持たなくてはいけません。右サイドはブッシュ、さらに曲げるとOB。左にはクリークが待ち構えています。しっかりフェアウェイに置くことができれば、セカンドは2オンを狙える距離になりますからホッとしますね。

2打目からはわずかな打ち上げになり、右サイドには大きな池が口をあけています。それでいてグリーンは左から右に下る強い全体傾斜があり、左サイドにピンが切られた日にハザードを怖がってショットを左に外すと、アプローチでまず寄りません。手前と奥の二段グリーンになっており、特に上の段は右奥に下っています。

2オンに成功すればイーグルが狙えることからも、スコアカードを見渡すとやはりここはバーディ必須ではあります。ただし、わずかなミスがクリークや池ポチャを招くスリリングなホール。今季からツアーはレギュラーシーズンのポイントレース上位10人に、最高2億円のボーナスを与える「ウィンダムリワード」を設定しました。その争いにおいても勝敗を分けるパー5になるかもしれません。(解説・進藤大典)

おすすめ記事通知を受け取る

進藤大典(しんどう・だいすけ)
1980年、京都府生まれ。高知・明徳義塾を卒業後、東北福祉大ゴルフ部時代に同級生の宮里優作のキャディを務めたことから、ツアーの世界に飛び込む。谷原秀人、片山晋呉ら男子プロと長くコンビを組んだ。2012年秋から18年まで松山英樹と専属契約を結び、PGAツアー5勝をアシストした。

関連リンク

2019年 ウィンダム選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!